ドメイン
torafugu的バトル考察 - GT+ -

GT+

GTR2/GT5P/F1/WRC/superGT/らーめん/キリッ etc...    by torafugujp

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類   Tags: ---

Comment: 0  

torafugu的バトル考察
01.jpg
ヴォイテック!ヴォイテック!torafuguですw
今宮さんがフェテルwの事を自身のブログの中で、
「天才人間的グランプリドライバー」
と称しておられました。おお!その言葉いい~ネッ!!w
僕も、A.セナとダブって見えるところがあるなぁ~?
とは感じていたのですが、でもちょっと違うんですよね。
A.セナは「超情熱人間的グランプリドライバー」
とでも言いましょうか、人間らしさが良かったですよね^^
めっぽう速いが、ミスや心理的要素がたまに影響してたと思う。
その、あのセナが!?みたいな人間らしさ?がファンを魅了する。
イチローは「人々が、ハッ!とするようなプレーをしたい」
とよく言っていますが、セナはそれを具現化できた人。。。
強かった頃のシューマッハは「サイボーグ」と称されていましたが、
そのシューマッハとA.セナの中間位がベッテルのような気がする。
中間というか良い所取りと言っても良いくらいですかね?^^;
「情熱的なサイボーグ」もうどうしようもなさそうですねw
近い将来、F-1の歴史をガラリと塗り替えてくれることでしょう。

さて、本題に入りましょう。今回は、マルチ対戦レースゲーム(主に今現在プレーしているGTR2)における、レース中のバトルについて、僕なりの見解を述べてみたいと思います。冒頭から、それを述べたところでどうなんだ?という自問?が始まってはいますがw人それぞれ十人十色の見解があると思いますので、僕の見解を知ってもらうことも悪いことではないんじゃないかな?と。。。ですので、興味のない方はスルーの方向でお願いいたします^^;

まずは大原則

1.ミスした方が負け
2.進入は鼻の出てる方に優先権
3.コーナーでの接触は後側の責任
4.ブレーキング勝負はここ一発のみ


ざっとこんな感じですね。なんかいきなり偉そうなこと書いてる感じですがお許しを^^;僕がレース中のバトル時において、常に念頭に置いているのは上記のようなことです。勿論、100%実行出来ているかといえば出来ていない時もありますが、特に実力が拮抗する方とのバトルの時ほど、上記が重要になってくると思います。では、1から順番に少しづつ僕なりの解説を書いてゆきたいと思います。

1.ミスした方が負け

これはもう、読んで字の如くですwコーナー進入時・中間時・脱出時、ギアチェンジ時など、如何なる場合においても、明らかにミスした場合はミスした方が引くべきだと思います。相手も同じタイミングでミスってしまう場合など、複雑な時もありますが、基本的にはミスった方が負けです。無理に粘ったら、速度が違うため相手のタイムロスになりますし、何より接触のリスクが非常に高くなります。脱出時のミスならその後のストレートなどで抜かれ易いのでまだいいですが、特に進入時での極度のアンダー(オーバースピード)やオーバー(ホイルスピン)、中間での極度のアンダーやオーバーなどのミスの場合は、諦めが肝心だと思います。立ち上がりで相手が1本ラインを残してくれるだろう…などと言う甘い考えは捨て、その場は一旦アウト側に逃げて、素直に後ろに回るべきだと思いますね。

2.進入は鼻の出てる方に優先権

どこまでが進入なんだ?という疑問もあるかとは思いますが、基本的にはターン・イン時なんじゃないですかね?進入はイン側が優先のような感じがする方もいらっしゃるかもしれませんが、僕はそれは違うと思います。あくまで、ハンドルを切る瞬間のタイミングで、前に居る方に優先権があると僕は思っています。要するに、ターン・インの時点で、画面の右or左前方に相手の車が見えたら、引く事が重要だと思います。それじゃあ、ブレーキング遅らせて、ターン・イン遅くらせた方が優先なわけ?と思われるかもしれませんが、基本的にはそうですね。ですが、ギリギリの状態での話であって、限界を超えたらどうなるか?・・・イン側なら膨らんでアウト側からクロスで抜かれるでしょうwアウト側ならズザーッ!wそれから、一番難しいのが並んだ状態、つまりどちらも鼻が出ていない状態です。基本的にはそのようなリスクのある状態に持ち込まないようにするのがセオリーだとは思いますが、緊迫した展開で、どうしてもそのような状態になってしまった場合には、イン側に優先権があると思います。その優先権のために、進入前のストレートからイン側奪取バトルをするのは大いに賛成です^^要するに、ターン・インの時点になっても、画面の右or左前方に相手の車が見えなかった場合、アウト側なら引き、イン側ならインラインをキープします。ここら辺の解釈が人それぞれ一番違うところなのかもしれませんね?だから難しいのですが^^;

3.コーナーでの接触は後側の責任

責任とまで書くと言い過ぎなのかも知れませんが、まあそうでしょうね。インorアウト側にラインが残ってない…とか、立ち上がりでドアを閉めたor閉められた…とか聞く事がありますが、2.でも述べたように、コーナーはミスがない限り進入の時点で99%勝負が決まるものだと思っていますので、基本的にはそのような状況はあり得ないと思うからです。コーナリング中にオーバーテイクするとかは、ラップタイムに1~2秒以上差がある相手とか、ここしかない!という状況でのサイドbyサイドなどの場合でしか、危険過ぎてあり得ないと思います。まあ、ここしかない!の解釈も人それぞれ微妙なので、基本的にはサイドbyサイドなんていうのは、気心知れた相手としか成立しないもの(=遊び)だと考えます。お互いのタイムも落ちますし…。とすると、コーナリング中の後者は、前の車が画面の右or左前方に見えているはずで、その見えている状況で接触するということは、相手にミスがない限り要するに追突ですw追突は道路交通法でも10:0で後者の責任です。従ってコーナーでの接触は、後者に責任が有るという事になると考えるのです。進入の時点で負けた以上は、後ろ側はリスクを避け、次の勝負に頭を切り替え、イン側のラインをキープしている相手に対して、立ち上がり重視のラインでコーナリングし、その後のストレートエンドで再度勝負を仕掛けた方が、遙かにクレバーだと思います。

4.ブレーキング勝負はここ一発のみ

ここでいうブレーキング勝負とは、2.で書いたような、オーバーテイキングポイントでの進入時の事です。進入時がバトルの大半を占めているという考えは、上記で何度も書きましたが、そこにこそバトルの面白さがあり、難しさがあり、醍醐味が有ると思います。ですが、反対に接触のリスクが一番大きい場面でもあると思うのです。従って、無闇にブレーキング勝負を仕掛けるなどということは、危なっかしくてやるべきではないと考えます。やるなら、その前のストレートの立ち上がりで、相手よりもトラクションが稼げ尚且つ、スリップに入りやすいラインで立ち上がるための戦略を立て、それが成功した場合に限る!と思うのです。ですが、世の中そんなには甘くないのでwその作戦が成功するのはかなり難しいはずです。ですからブレーキング勝負なんてのは、おいそれとは出来っこないと思うのです。だからこそ、ブレーキング勝負はここ一発のみと考えます。ですが、そうやって組み立てた後のブレーキング勝負で勝った時の喜びというものは、これこそレースの醍醐味だと思うので、1レースに1回くらいは狙うのもいいかもしれませんね^^

以上、独りよがり的な事をツラツラと書いてみましたがいかがだったでしょうか?^^;まあ、レース中というのは、複雑怪奇な出来事が起きたりする事もありますので、レーシングアクシデントというものもあるとは思いますが、大体の場合、接触やクラッシュの原因はどちらかのドライバーにあり、その大部分は上記に書いた4つの項目で解決できる!と僕は思っています。また、それを意識してレースに臨むことによって、接触の無いクリーンなレースができると思っています!いや?それは違うでしょ?という方がいらっしゃいましたら、是非ともコメントしていただけると嬉しいです^^よろしくお願いいたしますm(__)m

いつもおバカな記事ばっかり書いてますが、たまにはこんな感じのシリアスチックwな記事もいいでしょ?(キリッ


では股。。。

Comments

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
キリッ!!番チャ~ンス!!       次回の予定は20万です^^
ランダムメッセージ
プロフィール

torafugujp

Author:torafugujp

コメントあざ~す^^
全記事表示
全タイトルを表示
now view !
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者分布

ジオターゲティング
PR
blopa!マンション
tora!!tora!!tora!!

★★★★★★★★★★★★

twitter
ブログランダム紹介
お気に入り
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
10725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レーシング
69位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。